税理士試験に合格するためには、予備校と独学、どちらが良いのでしょうか? 結論からいうと、予備校に通った方が合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)は高くなります。 独学でも税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に合格できないこともませんが、合格までには非常に時間がかかるようです。 そのために、人によっては、途中で挫折してしまうケースも多いみたいです。 独学での勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)が厳しい点は、モチベーション維持の難しさと学習効率の悪さです。 一人で黙々と勉強できる人もいることでしょうが、多くの人は一人で勉強していると、徐々にモチベーションが下がってきます。 また、自己管理ができない人だと、勉強をサボってしまう可能性が高いです。 そして、分からない点があったとしても、誰かに聞くことができないので、学習効率がとても悪くなります。 しかし、予備校であれば、税理士を目指す受講者がたくさんいますから、高いモチベーション(気分が高揚していることを指すわけではありません)を維持しやすいはずです。 それに、分からない点があった場合、その場ですぐに講師の方に聞く事が出来るはずです。 これらのことから、独学よりも予備校(入学試験や資格取得試験などを受験する人に、その試験に合格するための知識や情報を教えるための商業的な民間の教育施設のことをいいます)に通った方が合格率が高いと言えるのですー